「北の国から」

北海道から東日本を中心に寒波の襲来です。寒波というよりは寒い!冷蔵庫での生活のようです。教室も大変!古い酒田本教室では名物のすきま風、そして電気の動力が低いため(中村がケチっている)気温が下がるとブレーカーが落ちる心配が・・でも子どもたちに風邪をひかせる訳には絶対にいかない!ってなことで齋藤先生と数々の工夫と知恵を働かせながらの毎日です。

「氷点下」、といえば中村は思い出す。学生を終え、就職1年目の11月のこと。東京のど真ん中での勤務中に上司(K部長)に呼ばれて行って見ると。

K部長「長靴もってるか?」 中「いえ・・」 K部長「買っとけよ~(ニヤリ)」 中「???」 10月末に野球部を肩たたき(戦力外)になり事業所に戻った矢先でした。

さらに2日後。K部長「苗場と富良野どっちがいい?」 中「がびーん。(約3秒)ふ、ふらので・・」

翌日、地下にある社員食堂の掲示板に「中村大介 右の者 新富良野プリンスホテル 出向を命ずる」と辞令が貼られ・・バタバタと人事部から連絡があり、バタバタと翌週には旭川行きの飛行機に乗っておりました。それから8か月・・北の大地で鍛えられ、楽しみにしていたラベンダーが咲く寸前に東京へ戻りました。真冬の富良野はシーズン最低気温がマイナス28℃・・「寒いんじゃない!痛いんだ!」寮に遊びに来るキタキツネ君に叫んでいました。

冬の寒さもあと少しです。「春にならない冬はない」動物が目覚め、草花が芽を出します。なにより子どもたちが大輪の花を咲かせてくれます。「みんな がんばれ あと少しだよ。」

腹筋が痛いです。

もちろん、筋トレをしていた覚えなんてありません。

なのに筋肉痛になっています。

これはもう夢遊病を発症して、寝ながら腹筋していたとしか思えませんね(名推理)

 

どもども武田です。

 

先週、棚の話をしたのですが、無事に完成しました。

今のところ、崩れる予定はありません。

 

慣れない作業をすること一週間。

それなりに見れる出来になったのではないかと思います。

 

さて、今回棚を作るために電動ドリルドライバーを買ったのですが、棚を作り終わった今使い道がなくて勿体ない感じになっています。

生徒に「ドリル使う時あったらいつでも言って~」と言うのですが、残念ながらドリルが必要な人はいないみたいです。

 

そこで継枝先生にアドバイスを求めた所、

継「じゃ、テレビ台作ってー。」

 

はい。

棚とテレビ台では耐荷重が違います。

しっかり考えて作らないと、テレビがドーンしてアボーンします。

ぶっちゃけそんな大変な物作りたくな、、

 

いや、これはきっと隠されたメッセージなのです。

物理を頑張って勉強しろと言う継枝先生からのメッセージなのです。

物理の知識が身につき、さらにテレビ台が手に入る一石二鳥なメッセージなのです。

 

よし。

頑張って作るか。

来年くらいに。

 

尚、武田と継枝は忘れるだろうと言う事は言うまでもない。

素直な言葉

こんにちは。水曜担当継枝です。

 

先日、生徒からこんなことを言われました。

「先生、頭悪そうに見えるのに、頭いいよねーどうしてー?」

往復びんたです。うそです。

 

 

本人たちは褒めているつもりらしいですが、、、

嬉しくないですよ!

頭悪く見えるかな・・・

おかしいですね・・・

知的に眼鏡をかけ

ジャケットもかっこよく着こなし

歩く姿は百合の花なはずですが・・・

 

 

・・・接しやすい、フレンドリーって意味でとらえておきますね。涙目

 

言葉は、なにげなく発しただけでも誰かを一喜一憂させてしまうものです・・・

好きな人からの「かわいい」の一言ににやにやよろこび

なにげない「ばか」の一言にショックを受ける

 

「ことだま」って言葉があるように、言葉には力があると思っています。

だから、自信なくても「落ちる」「もうだめだ・・・」「できない」じゃなくて

「できるようにするぞ!」「絶対受かるぞ!」っていうことばを聞きたいなあ

 

もちろん一番ききたいのは「受かった!」「できるようになった」の声ですけどね。

日々成長!がんばりましょう。

罪と罰・・・

かっこいいタイトルです(笑)

 

さて、先週は酒田で会議に混ぜてもらいました。一人でやっているので、みんなでわいわい話し合う機会がありません・・・・楽しかったですね・・・・言いたいことが言える環境は本当に大切です。

 

ちなみに、福田はまだ、武田先生のみずほ通り教室を拝見したことが無く、ぜひともということで見学させていただきました・・・・

 

まだ新しいにおいが残る教室・・・・まだ使用していない2階・・・・継枝先生が飲み荒らした空き瓶の山・・・・・すべてが新鮮で希望にあふれていましたね・・・・・ちなみに飲み荒らされた空き瓶のからは、酒を食い荒らした熊の雰囲気が漂っていました(汗)

 

そして、武田先生から刺激をもらい天童への帰り道・・・・・・刺激が強すぎたのでしょうか・・・・・・福田・・・・・

 

「スピード違反で捕まる」汗・・・・ちなみに酒田の帰りは2回目です(涙)・・・・・なんでしょうか・・・・この悔しさ・・・・・思わず警察官に言ってしまいます

 

「自分が悪い・・・・言い訳もしない・・・・でもね・・・・・・・・・もっと悪いやついるぜ(涙)」

 

・・・・・警官のおじさん・・・・・笑ってました(汗)

 

ということでどんな理由があれ、ルールは守りましょうね・・・・人って緩みます・・・・最初はしっかりしていた挨拶が、いつの間にか小声になり最終的には「シャス」で終わる・・・・・浣腸ですね・・・

 

最初は揃えていた靴がいつの間にかずれていき、いつの間にか福田の靴にいたずらをしだす・・・・・浣腸です・・・・・

 

人は緩む・・・だからこそ最初の気持ちが大事なんです・・・・天童も10年目・・・・・最初の気持ち・・・・思い出さないといけませんね・・・・

 

さて推薦入試も終了・・・・大事なのは合否ではなく・・・・合否が出るまでの1週間です・・・・緩まないように・・・

明日は我が身・・・

早いものでもう2月。例年とおり1月は早い!とにかく早い!あっという間に過ぎていった。早い=忙しい、の裏返しである。期末テストまで2週間、入試まで1か月。ここが正念場、頑張らねば!

そんな中、大学や看護学校、私立高校の専願・併願と続々と入試が始まり結果が出始めた。すべりだし(←ヤバい!使ってはいけない)は上々。今週は公立推薦、酒田南、そして県外受験の子もいる。みんな大丈夫、頑張れ!

最近、気になるニュースはありますか?中村は山形で相次ぐ倒産や身売りのニュースです。内陸大手の菓子店は天童教室に行くと寄らせて貰っていたお店。1つの目玉商品以外にヒット品が続かなかった・・新潟が本店の寿司チェーン店はライバルの大手が近くに進出し経営難に・・庄内一の老舗大型旅館も時代の流れに乗れず・・

うちの各教室に置き換えると「今の指導形態以外に新しい仕組みを作れなかった」「大手塾が進出し市場を独占した」「自分が変化しない、先生たちの意識が変わらない、知らず知らずのうちに追い込まれる」こんな様相でしょうか。「生徒がいるから頑張る」が1番のやり甲斐でありモチベーションであるが、ちゃんと経営できないと大変なことになる。生徒がいてくれて、先生方がいてくれて。あたりまえの日常がいつ崩れるかもしれない。明日は我が身・・それを思い知らされた1月でした。