いよいよ冬の講習に突入!

さて教室の通常授業は今週(17日~22日)で年内は終了です。25日~29日(5日間)年が明けて4日~8日は冬の講習です。中3生は全般的に返却された模擬テスト(4回目)の平均が低くゲッソリしていますが、冬休みあけ8日の模擬テスト(5回目)、12日の塾の志望校判定と実力を試すテストが続きます。例年ここからの約3か月、合計で30点前後伸びるデータがあります。一喜一憂せずしっかり腰を据えて頑張ろう!

さらに冬休みの講習では模擬テスト&解説授業を5教科×3セット行います。問題慣れ、実践の中で実力をつける!これが最大の目的です。期待して下さい!

小6は小学校の復習/中学準備のコースで対応します。中1・2は原則、冬休みあけの課題テストに向けた勉強が主になります。今の学年で習った内容が範囲になります。個別でしっかり復習して臨ませます。

寒くなって雪の日も増えてきました。しっかり目標を掲げて乗り切っていこうぜ。 FIGHT!!

やってみないとわからない!

寒い!堪える!日々が続きすぎていますね

またまた代打のみずほ通り教室の平田です。

私は、分かっていながらも少々見た目にこだわってしまうところがあり…

自宅に暖炉型のファンヒーターがあるのですがこれがなんとも

頼りない (^^汗

見た目は可愛らしい。だが暖かくない。困った…

結論!使ってみないとわからない!

 

 

さて、今更ながら先日 映画「おくりびと」を観ました。

酒田の日和山公園、下日枝神社に行ったのがきっかけでした。

何度も来ていた場所だったのですが、未だ山形県が舞台になった

「おくりびと」を観ていないなと思い、もう何度も見たことがある

友人と一緒に観ました。

 

山形県庄内地域の四季が、自然が、美しい映画でした。

いや~、泣きましたね。

 

”納棺師”

知らなかったわけではありませんが、実生活と馴染みがない職業で、

なるほどな、と見入っていました。

 

観て思ったことは、

「結局やってみないとわからない、見てみないとわからない」

ということです。

これ以上はネタバレになってしまいますので、気になった方はぜひ!

鑑賞してみてください(^▽^)

 

やはり、何事も、まずやってみよう!

からはじまるのかなと思います

 

 

生徒の皆さん!やってみないと始まらない!

解いてみないと分からない ですね(^^

捉え方は人それぞれ

こんにちは。最近おさぼりしていました継枝です。

関取の福田先生に張り手されそうです。ごめんなさい。

 

 

さて、昨日、飲みに行ったんですが←

飲みに行った相手にこう言われたのです。

「今まで週0~1回飲んでたが週1~2になってない?」

 

(’・ω・`)<まじか

 

さて、継枝はこう言われて、それをどう捉えたでしょうか。

 

①飲みに行きすぎだ。太ったんだし飲むな。と言われていると思った

②もっと飲みに行った方がいいぞ。と言われていると思った

③特に意味はないんだろうなと思った

 

正解は・・・・

 

 

(越後製菓!)

 

 

①です。継枝は、「回数増えてんじゃん。飲みに行くのはやめよう。飲み過ぎだ。」

と言われたと思ったのですが・・・

 

相手:「思ったから言っただけ」

 

・・・・( ゚д゚)はい?

 

 

継枝が①にとらえたのには、もちろん背景があって、

日曜日しこたまのんだじゃないか!と

それに前日の夜も外食だったじゃないか!と

そういうことを含めて①かと思ったのですよ。

 

人の気持ちはわからないものですね。

見えないものだからこそわからない。

 

努力も見えないとわからないですよ。

努力が点数に反映されるように冬の講習、先生たちもがんばる!

生徒たちもがんばろう!

リフレッシュ

さて、継枝先生に「関取」呼ばわりされた福田です。・・・・・・・・・・ごっつぁんです・・・・

 

先日、温泉に一泊してきました・・・・・良いですね・・・・・子供のときは温泉旅行のどこが楽しいのかがわかりませんでしたし・・・どうして親や周りの大人がこんなに喜んでいるのかもわかりませんでした・・・・・今ならわかりますね・・・・福田・・・・・大人になりました(笑)

 

天童教室の特徴は

 

「とにかく量」

 

です。夏期講習、冬期講習、テスト対策などはすべて1時から9時まで・・・・・集中力がなくなってもとにかく座る・・・塾にいる・・・・遣り通す・・・・このトレーニングを続けてきました・・・・今年の冬もそうですが、そこまでがんばるといつの間にか、長時間勉強することに慣れてくる・・・・そう勉強のスタミナがつくのです・・・

 

最近はその長時間の学習が「古い」ものになっているような気もします・・・・・野球やいろんなスポーツも練習時間の長さよりも、内容を重視してきています・・・・量だけにこだわってきた自分は古い遺物や汚物になろうとしているのかもしれません・・・・・・・だれが汚物じゃい!!・・・はっ!!取り乱しました。

 

ただいくつになっても変わらないものは変わらない・・・・継続すること・・・・自分の意思でやること・・・目の前のことから逃げないこと・・・・根底にあるものは変わりません・・・・

 

日本を代表する・・ホンダや東芝の創業者の話を読むと・・・今で言うとはっきり「労働基準法違反」「パワハラ」と取られてもおかしくありません・・・・それでもなお・・・名言として・・・名社長として名を残しているのには、決して変わらないものがあるからだと思うのです。

 

どんな大きな会社もどんなに小さな学習塾でも・・・変わらずに伝わるのは「情熱」「信念」だと思うのです・・・

 

さて、三者面談です・・・・・関取らしくしっかり思いを受け止めます!!

「ひとつひとつを大事に」

「ひとつひとつを大事に」ある政治家の方の信条である。このブログを開設した初期の投稿で、その方のブログを参考にしている、と書かせて貰ったことがある。あたりまえだがマスメディアからの情報は一方通行で、アナウンサーや評論家の方のニュースに対する想いはどこか希薄で対岸の火事のようにも見えてしまう。昨今は今の時代にそぐわないといった事項も多く、ひとつ前の時代を生きてきた私には取り残された感が強かったりする。

その方とは面識はないものの自身が取り組んだ活動に対する実直な意見が新鮮で、地域の現状や現場の声をちゃんと吸収できる喜びがあった。長年にわたり、市政・県政を支えてこられ、ここで世代交代を選択された。地域の未来を背負う青年が立候補しやすい環境をつくることが大切だと説いてある。本当にお疲れさまでした。引退されてからも先生なりの目線と視点でブログを記してくれることを希望します。ぜひお願いしたいです。