身に付き過ぎた習慣

変なところに「こだわり」あり。

中村は掃除中毒、雪かき中毒の気がある。寮生活やホテル勤務の経験が長いからだと思う。そこで培われた1つ目が掃除中毒。肝心な箇所には目が届いていないのに、どうでもよいところへこだわる変な掃除癖がある。

雪かき中毒はもはや冬の風物詩になっている。12月に入るとソワソワし始め、必ず18:00には翌日の降雪量情報を気象協会(or)NHKの天気で確認(降雪量情報はこの2つのみだ!)翌早朝になるともう落ち着かない!家の小窓から外を確認し、降り積もっていたなら7:30には教室に出動(出勤でなく出動!)そして雪かきだ。ここにもこだわりがたくさん。綺麗にやらないと気が済まない。周りには結構、同タイプの人種の方々をお見かけする(笑)

この性格・・マジで嫌になる。

最近は1日の動きやルーティンがほぼ決まっている。ジジイの証拠だ。新しいことは遠慮がちになり同じ繰り返しの日常に安堵している。身に付き過ぎた習慣は老いる要因の1つだと思う。

幸いなことにこの仕事は通ってくる子どもたち、そして先生方も若い!保護者の方々も自分よりも若い層が圧倒的に多くなっている。そこから多くの発見があり吸収がある。同世代のジジイの皆さんに比べると中村は恵まれている。

さあ、今シーズンの雪かきも終わった感じ?だ。今週からは気温もあがる予報です。三寒四温を繰り返しながら春がすぐそこまで来ています。