しょうない進学教室みずほ通り教室の武田先生に代わりまして平田です。

はじめまして。みずほ通り教室の平田です。

武田先生に「じゃっ、書いて~」と軽く言われたので、軽く書きます。

嘘です。しっかり軽く書きます。

 

”山形県の秋の風物詩といえば“...というフレーズは山形県民のみなさんにとっては分かり切った、そう!「芋煮」ですよね。

私は山形県に来て、芋煮という存在を知りました。しかも、山形風と庄内風の2種類あるとか。芋煮にも派閥があるのですね。

山形県に来てというくらいなので私は山形県民ではありません。そう!岩手県民です。

 

岩手にも芋煮ならぬ、ひっつみ汁なるものがあります。みなさんご存知ですか?

言ってしまえば(全国でいうところの)すいとんです。ひっつみ汁は岩手では非常になじみ深い郷土料理です。

そのひっつみ汁を先日丹精込めて作ったのだぞというお話でした。

 

ひっつみ汁って、どんなものなの?と聞かれたら、小麦粉をこねて薄く伸ばしたものを手でちぎり、鍋に放り込み、野菜と出汁で煮込んだものです。

調べたら、ひっつみとは農林水産省選定の「農産漁村の郷土料理百選」とやらに選ばれているそうです。へぇー。

「手でちぎる」ことを岩手の方言で「ひっつむ」と言うことからひっつみ汁といわれているそうです。へぇー。

私はこの間作ったとき、生地をこねた後しっかり一晩置いたのです。(あっているかは定かではありません)

結構こだわって作りましたよというそれだけのお話でした。

 

こんなにひっつみ汁の話をしたことはありません。でも、ひっつみ汁は素朴で優しい味でとても美味しいですよ!!ぜひおすすめします。

今回ひっつみ汁を作るにあたり、たくさん調べました。(あ、ここまで話してても今まで作ったことはありません)

また、郷土料理や、地方・地域の違いを(軽く)考えました。ローカルフードは奥深いですね!

まだ芋煮会とやらをしたことがないのでぜひしてみたいです!!

てきとうな締めですみません。平田でした。今後ともよろしくお願いいたします。