冬休みってどうして短いんだろう?

どもども、武田かもしれません。

違う人かもしれません。

嘘です。

武田です。

 

子供の頃からずっと疑問だったのですが、どうして冬休みは短いのでしょう?

 

夏休みに比べて半分くらいしかないし。

なのに宿題は同じくらい出るし。

夏休みから一週間分けてやればいいのに。

 

実際、国で決められているのは夏休みと冬休みの合計日数なので、北海道では夏休みが少なく、冬休み1ヵ月あったりもします。

雪のせいですね。

 

でも、北海道程ではないにしても、庄内でも雪が降ると学校に行くのが億劫になってしまいます。

 

なので武田の折衷案。

夏休み、冬休み、それぞれを3週間にしよう。

あと、仲間外れは良くないから秋休みも作ろう。

ついでに、ゴールデンウィークとシルバーウィークじゃ締まりが悪いから、ブロンズウィークも作ろう。

 

まぁここまでは言いすぎですけど、休む事は大事ですよね。

 

よく風邪薬のCMとかで「今日は絶対休めないのに、、、」みたいなのがありますが、そんな事ありません。

休みましょう。

本人がボーっとしてるだけならまだしも、風邪を周りに撒き散らす方が大変です。

 

「体調悪くても薬飲んで頑張れ」みたいな考え方よりも「早く治して遅れを取り戻そう」と言うのが大事です。

 

「この薬飲んで一日寝てたら翌日には元気!!」みたいなCMが増えるといいなぁ、と思う今日この頃でした。