社会の流れの中で。

中村です。ブログも2週目です。今週は米朝首脳会談、サッカーW杯開幕と大きなニュースが続きます。社会の先生としては米朝会談です。近未来、歴史の教科書に太字&写真入りで「1950年の朝鮮戦争、68年の時を経てシンガポール会談で休戦から終戦へ」と記される。完全非核化(ノーベル平和賞もかな)を求める米大統領、体制の保証と米軍の韓国駐留撤退を求める北の委員長。明日の会談の行方はいかに。

大変参考にしているある方のブログの末文に「社会構造はさらに少子化が進み、その在り方を冷静に見直す必要がある。絆が消えかかっている今、長い人生の中で普通であること、安定的であることの大切さを考え抜いて若い世代に行動して欲しい」とあった。

これからの日本では信じれないことが起こる。若者の大都市への流出が続き都会はパンク寸前。田舎は残された高齢者だけでやがて空き家だらけ。基幹産業だった農業や漁業はなり手不足で衰退し自治会や寄合も合併を繰り返しやがて壊滅する。中学、高校の同級生の多くが首都圏や仙台圏で進学・就職しているのが今の現状だが、日本ではモノが売れないから中国やインドなど人口が多く消費が期待される地域へ勤務する社会になるだろう。

私は社会構造を冷静に見直す定義として教育の在り方、貧富格差や地域格差を縮める提案をしていきたい。民間教育に携わる者として若い世代が行動するヒントを一緒に考えていきたい。

さて今夜のYTS(5チャンネル)で「夏の甲子園100回 山形白球の記憶」が放送されます。小生、恥ずかしながら出るかも!やっぱりカットかな・・(苦笑)